5つの簡単なステップで独自のファイヤーピットを構築する方法

一年中アウトドアを楽しんでいるなら、ファイヤーピットは必須です。 独自に作成する場合に考慮すべきいくつかの重要なヒントを次に示します

5つの簡単なステップで独自のファイヤーピットを構築する方法

一年中屋外エリアを最大限に活用したい場合は、ファイヤーピットの設置が必須です! Adbri MasonryのJason Hodges氏によると、「独自のファイヤーピットの構築は、週末のDIYの単純な仕事です。 アウトドアを楽しみ、涼しい夜を楽しませたり、星空を眺めたりする人にとっては、それなしでどのように暮らしたのかと思うでしょう。」

1.適切な場所を選択する

植物、フェンス、木、または可燃性のものから遠く離れた場所を選択することが重要です。 風とそれが火から煙を吹く方向を考慮してください。 また、火の中を簡単に歩けるようになるはずです。

2.掘り始める

火の根元に丸い穴を掘る–直径3フィート(約1メートル)の直径があるため、十分な大きさの火を入れるのに十分なスペースが確保され、誰もがチャットできるように近くなります。

3.ベースを準備する

いくつかの道路ベースとコンパクトを平らにします。 これが完了したら、砂をトレンチとレベル全体に広げます。 整地された砂のパッドの上にきちんとしたセメントを振りかけます–これは、あなたが建物を完成させて、あなたのファイヤーピットをホースで切った後、すべてを適所に保つのを助けます。

4.構築を開始する

コンクリートブロックを使用して、ピットの周りの壁の構築を開始します。 円形の壁を使用可能にするブロック、または特殊なコーナーユニットを持つブロックを選択して、ユニットの切断を節約します。

5.火をつくる

木材を積み重ねて、ピットの中心で燃やすことによって、ティーピーを構築します。 火をつけて、夜が涼しいときにお楽しみください!

撮影者 :プルー・ラスコー、フェリックス・フォレスト、サイモン・ウィルソン/bauersyndication.com.au

この記事はもともと、Homes to Love Australiaに掲載されました

コメントを残します

Please enter your comment!
Please enter your name here